top of page

西日本新聞市民医療講座


飯塚歯科医師会の山口章会長が飯塚市民医療講座で「口腔管理と健康寿命」というテーマで講演を行いました。



山口会長は、口腔ケアが全身の健康維持に非常に重要であると強調し、特に高齢者においては誤嚥性肺炎や歯周病のリスクを減らし、健康寿命を延ばす効果があると述べました。具体的には、口腔内の清潔を保つために毎日の歯ブラシやデンタルフロスの使用が不可欠であること、そして定期的な歯科検診が健康な生活を送る上で重要であることが説明されました。また、山口会長は、最近の研究で口腔ケアの重要性がますます明らかになっていることを紹介し、口腔ケアを怠ることによるリスクについても詳しく説明しました。例えば、口腔内の不衛生が原因で起こる誤嚥性肺炎や歯周病が全身の健康に及ぼす悪影響について具体例を交えながら語られました。



講演の中で、健康な歯と口腔環境を保つことが全身の健康を維持し、生活の質を向上させるために重要であることが再確認されました。



40名を超える市民にご参加いただき、市民の関心の高さが伺えました。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page